Kampagne für die Reform der Vereinten Nationen

Movement for UN Reform (UNFOR)

SI  VIS  PACEM  PARA  PACEM!

 If you want peace, prepare for peace!

平和を望むなら平和に備えよ

 

Unsere Themen und Projekte:

Menschenrechtsklage/Human Rights Complaint

The Right of Peoples to Peace

Tangiers as City of Peace and World Capital 

The Garland Canal Project

Korrespondenz mit dem Auswärtigen Amt online

Korrespondenz mit den Parteien und Fraktionen im Deutschen Bundestag

Donations / Spenden

counter gratis

Is Germany actually blocking the development of the UNITED NATIONS to become an effective System of Collective Security?

►►(Click here (German)!)◄◄

ÿ

THE LAW OF THE REVERSAL OF TENDENCIES

by Klaus Schlichtmann

 

ART. IX / 九条

Unterstützer

支援してくださっている人々

INTERESSANTER TEXT:

Walther SCHÜCKING, The International Union of the Hague Peace Conferences

 

INDIA and the Quest for an effective UNITED NATIONS ORGANIZATION

 

Deutsch lernen in Tokio?

KONTAKT: klaus.san@gmail.com

 

Täglich sterben über einhunderttausend Menschen an Hunger.

UNO-CHARTA UN CHARTER

CHARTE DES NATIONS UNIS

ÿ

 

Der Drei-Billionen-Dollar-Krieg

 

·Wie werde ich friedensaktiv ?·

Mitmachen   HIER   eintragen

                                                                                                        deutsch

2003年12月15日 中山にて

 

前略、大統領閣下

 

 あなたの4週間前の「ベルリン市民へのスピーチ」を読んで、私が感じ考えたことを

 

、ここでは2点だけ書かせて頂きたいと思います。

 

1:ベルリンの壁崩壊以降、それまで充分な情報を与えられていなかった、多くの知

 

識ある人々は、より公平な世界秩序が、ある程度自動的に現出するであろうと希望し

 

ていました。ここで更に必要なのは、政治的なガイダンス(指導力)になるでありま

 

しょう。しかしながら、それは、私には再び組織化することができない、目覚めた市

 

民や政治家やジャーナリストが信頼するに足るものであるべきです。

 

 ドイツ基本法の24条で謳われた内容は、国連の集団的安全保障が実行されようとす

 

る可能性が差し迫っている現在、是非とも早急に実行されなければなりません。国家

 

主権の放棄を伴った国連の安全保障のシステムは、元々アメリカが冷戦構造によって

 

欲したものでしたが、「伝送」や「合併」の方式も実効に移されるべきです。

 

 私はこの20年間、ドイツ連邦を少なくともIGHの司法制度の下に置くよう、何に

 

も増して努めてまいりました。それは、良く知られているように、国連憲章に宿った

 

集団安全システムにとって土台となるものであり、平和的な国際紛争解決にとっては

 

義務とも言える国際司法制度であります。1899年と1907年のハーグ平和会議

 

では、この問題に関しては、ドイツの存在によって失敗に終わりました。(私の論文

 

:インザプラントをご覧下さい)

 

2:インドとヨーロッパを比較すると、インドは随分以前から連邦国家の体制を構築

 

しています。それはまだヨーロッパが到達していないものです。ではヨーロッパにと

 

って特別な要素とは何でしょう。ヨーロッパもインドも極めて多数の異なった民族や

 

言語などで構成されています。ヨーロッパに特有なのは非常に多くの戦争を経験して

 

きたということで、その経験から多くのことを学んでいるということです。Europe

 

points beyond itself.もし、世界情勢に合わせて連邦の民主的秩序の形成が成されな

 

い限り、ヨーロッパの連邦化や統合化は失敗に終わると考えています。国連がその中

 

心的役割を果たさない限り、このような冒険的行為にアメリカが軍事的支援で介入し

 

てくることは明らかです。残念なことに、私は貴方のスピーチの中で、この危惧に触

 

れた箇所を見出すことができませんでした。私は「我々ヨーロッパ各国は、断固とし

 

た行動を伴う理念をもって、一致して準備しなければならない」という貴方のスピー

 

チには賛同します。

 

 また、「NATOの新しい使命が、広く公で議論された上で、これまでよりはるかに

 

大きなものになるべきである」という貴方の提案も支持します。しかし残念なことに

 

、その具体的な内容を国防省や国務省のウェブサイトで見つけることはできませんで

 

した。私が考えてい頂きたいのは、将来的にNATOを国連の集団安全システムに編

 

入することです。もしヨーロッパが一つになれば、これはそう難しいことではないで

 

しょう。フランス側の高官も、国連での超国家的存在の創出との関係性において、今

 

後大幅に譲歩する準備があると聞いています。

 

 これらの意見について、ご回答を頂ければ有難いと存じます。

 

 敬具

 

PhD.クラウス・シルヒトマン

 

--------------------------------------------------------------

 

拝啓 シルヒトマン博士

 

ヨハネス・ラウ、ドイツ連邦大統領に代わって、2003年6月15日付けで頂いた

 

、ベルリン市民へのスピーチに対する貴下からのお手紙に対するご返答をさせて頂き

 

ます。ご承知の通り、大統領のベルリンスピーチは政治家のみならず我々国民全体が

 

政治に対して更に議論を進めるべき基本的な見通しについて述べたものであります。

 

貴下がお手紙の中で触れられている諸点については、今後の目的達成向けて幅広い議

 

論をするための示唆となるものであります。

 

我々の観点からも、国際連合は国際関係の中で我が国が行動していく上で権威となる

 

べき中心的存在であり、将来NATOが国連の安全保障システムの中で果たしていく

 

役割についての貴下の考察は特に興味深く読ませて頂きました。遠い将来を見据えて

 

の貴下の意見は考慮に値するものであります。私は貴下がドイツでのメッセージを日

 

本の東京においても紹介されていることを嬉しく思います。

 

貴下のお手紙に重ねて御礼申し上げ、簡単ながらお返事とさせて頂きます。

 

敬具

 

大統領補佐官 マティアス・ムルメンシュタット(Matthias Mulmenstadt

 

PERSÖNLICHES

Personal 僕のこと

KONSENSMODELL

Consensus model

RUNDBRIEFE

Round letters

KORRESPONDENZ

Correspondence

VERÖFFENTLICHUNGEN

Publications 出版されている私の記事

FRIEDENSVERFASSUNG

Peace Constitutions 平和憲法

VÖLKERRECHT

TEXTE            Texts

ÖKOLOGIE     Ecology

LITERATUR       Literature 

ZITATE & SPRÜCHE Sayings

IGH ICJ

GUT:

http://www.democracynow.org

 

FRIEDRICH NIETZSCHE:

フリードリッヒ  ニーチェ: 

Deutsch      日本語      français

Human, All too Human

284 The means to real peace. -

No government nowadays admits that it maintains an army so as to satisfy occasional thirsts for conquest; the army is supposed to be for defence. That morality which sanctions self-protection is called upon to be its advocate. But that means to reserve morality to oneself and to accuse one‘s neighbour of immorality, since he has to be thought of as ready for aggression and conquest if our own state is obliged to take thought of means of self-defence; moreover, when our neighbour denies any thirst for aggression just as heatedly as our State does, and protests that he too maintains an army only for reasons of legitimate self-defence, our declaration of why we require an army declares our neighbour a hypocrite and cunning criminal who would be only too happy to pounce upon a harmless and unprepared victim and subdue him without a struggle. This is how all states now confront one another: they presuppose an evil disposition in their neighbour and a benevolent disposition in themselves. This presupposition, however, is a piece of inhumanity as bad as, if not worse than, a war would be; indeed, fundamentally it already constitutes an invitation to and cause of wars, because, as aforesaid, it imputes immorality to one‘s neighbour and thereby seems to provoke hostility and hostile acts on his part. The doctrine of the army as a means of self-defence must be renounced just as completely as the thirst for conquest. And perhaps there will come a great day on which a nation distinguished for wars and victories and for the highest development of military discipline and thinking, and accustomed to making the heaviest sacrifices on behalf of these things, will cry of its own free will: ,we shall shatter the sword‘ - and demolish its entire military machine down to its last foundations. To disarm while being the best armed, out of anelevation of sensibility - that is the means to real peace, which must always rest on a disposition for peace: whereas the so-called armed peace such as now parades about in every country is a disposition to fractiousness which trusts neither itself nor its neighbour and fails to lay down its arms half out of hatred, half out of fear. Better to perish than to hate and fear, and twofold better to perish than to make oneself hated and feared - this must one day become the supreme maxim of every individual state! - As is well known, our liberal representatives of the people lack the time to reflect on the nature of man: otherwise they would know that they labour in vain when they work for a ,gradual reduction of the military burden‘. On the contrary, it is only when this kind of distress is at its greatest that the only kind of god that can help here will be closest at hand.  The tree of the glory of war can be destroyed only at a single stroke, by a lightning-bolt: lightning, however, as you well know, comes out of a cloud and from on high. (R.J. Hollingdale, transl., Human, All Too Human. A Book for Free Spirits, Cambridge Texts in the History of Philosophy (1996), pp. 380-81)

ÿ